結核はあらゆる臓器に感染して障害を与える全身の疾患です。代表的なものは肺結核です。それは、活動性肺結核の患者さんが咳をした際、しぶきとなって排出された結核菌が空気中に漂い、その空気を身近な人が吸うことで感染するからです。しぶきは結核菌と水分の小さな塊ですが、水分が蒸発すると、結核菌の塊は重さが軽くなり、空気中に長い時間漂い、それだけ感染の機会が増えます。この菌には乾燥に強く紫外線に弱いという特徴がありますが、結核の感染は空気感染がほとんどです。
欧米や以前の日本では不完全な滅菌操作を受けた牛乳から感染(この場合は腸結核などの消化管結核)した牛型結核感染の例も報告されました。牛型結核に感染して発症した牛の母乳を飲んだために発病したもので、これを経口感染といいます。他の感染症と結核とで違っている点は、感染してもすぐに全員が発病するのではないということです。感染した人のうち、発病するのは約10~20%です。発病時期は感染後1年以内が約半分、残りは一生の間にですが、発病しない人も80~90%います。これが、結核の不思議な点でもあり、また、なかなか根絶できない理由でもあります。

肺結核の原因は、結核菌の飛沫感染や空気感染によるものです。結核菌は乾燥に強く、一度咳やくしゃみを通して部屋の中に飛散されると、長い時間空中に漂います。それを吸い込んで感染する場合が多いです。
  
しかし、感染してもすぐに発症するとは限らず、潜伏期間が長い人や、一生発症しない人もいます。体の免疫機能が発症を抑えているのです。ただし、発症しなくても結核菌が体内に留まっている場合は多くあります。そのため、身体の抵抗力が下がった場合に発症する場合があります。 また、免疫力が下がる疾患の人や抵抗力の低くなりがちな高齢者は特に注意が必要です。

肺結核の症状は、主に「咳が出る」、「たんが出る」、「微熱が続く」、「体のだるさ」の4つの症状があります。 これらの他にも、食欲不振や息切れや息苦しさなどの症状がみられる場合があります。また、肺結核のひとつである喉頭・気管支結核では、早い時期に血痰が出ることもあります。 しかし、一見、風邪と見分けがつかない症状も多く見過ごしてしまいがちです。放置していると、血痰や体重の減少などの症状を呈するようになります。風邪薬を処方され、2週間ほど飲みつづけても症状が改善されない場合は、再度医師に相談することが勧められます。