結核とは、マイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌により引き起こされる感染症です。肺結核は代表的な結核症です。80%の結核は肺結核です。結核菌は肺に感染することで、引き起こした慢性の伝染病です。日本では、明治初期まで肺結核は労咳と呼ばれていました。健康に悪いです。

結核菌の感染は主な原因です。結核菌は乾燥と寒冷に対して強くて、一度咳やくしゃみを通して部屋の中に飛散されると、長い時間空中に漂います。人はそれを吸い込んで感染する場合が多いです。しかし、感染してもすぐ発病するとは限りません。肺結核は感染しても、バランスのよい食事や充分な休養、適度な運動を心がけていれば発症しにくくなります。肺結核の潜伏期間が個人差がありますが、一生発病しない人もいます。

肺結核になると、どんな症状が現れますか?肺結核の症状は下記の方面から考えられます。

激しい咳が出ること

たんまたは血たんが出ること

37℃前後の微熱が長時間にわたって続くこと

疲れやすいこと

肺結核の症状は風邪と大体同じから、見分けにくいです。もし、風邪薬を飲んで、治らないなら、再度医師に相談した方がいいです。もし、そのまま放置して、治療を受けないと、血痰や体重の減少などの症状を呈するようになります。

昔は肺結核は大変はやっていた病気でした。昭和25年まで日本の死亡原因の第1位の病気でした。適切な治療法の開発とともに、肺結核患者は激しく減少しました。しかし、今でも年間2万人以上の新しい患者が発生し、年間で2,000人以上の人が死んでしまう日本の重大な感染症です。重視しなければならないのですよね!