肺結核は伝染しますか?もしあなたの周りには肺結核患者はいるなら、これがあなたの関心する問題ですよね。

確かに、肺結核は伝染病です。多くの臓器に影響できます。しかし、結核菌に感染すれば、発病するとは限らないです。一定の誘因が必要です。発病した後、肺部には粟粒の大きさの陰影がが現われます。主な症状は微熱、喀血、胸の痛みです。症状が現われて、早目に治療すべきで、でなければ生命にかかります。日常生活には、肺結核の知識を知って、疾病を予防すべきです。では、肺結核の感染経路はなんですか?どうすれば、予防できますか?

肺结核の感染経路

一番目は呼吸器感染です。肺結核の主な感染経路です。正常な人は肺結核患者と接触して、肺結核患者の吸出した結核菌のある飛沫を吸入すれば、肺結核にかかる可能性が高いです。特に身体疲労した者と抵抗力低下者の場合です。

二番目は消化器感染です。牛の結核菌に感染された牛乳は検査を経ていなく、市場に販売されています。長期飲用すると、咳、微熱が現われ、そのとき人はもう結核菌に感染しました。

三番目は他の感染経路です。生殖器官の接触と血液の接触は感染される可能性があります。少数の新生児は伝染されるアプローチを吸入して、生まれた後すぐ発病します。ストレスと副作用のある薬の服用も肺結核を起こします。疾病が悪化することを防止するために、できるだけ早目に治療します。